Home 業務分野 産業別 エンターテインメント・スポーツ・レジャー

エンターテインメント・スポーツ・レジャー

金・張法律事務所は1980年代半ばから国内の法律事務所で初めてエンターテインメント関連の法律実務を確立し、現在はエンターテインメント及びメディアに関する業務全般において専門性を備えた弁護士と実務経験の豊富な専門家で構成されたエンターテインメント・スポーツ・レジャー専門グループを有しています。 


エンターテインメント・スポーツ・レジャー専門グループは、劇場、ビデオ、音源、ドラマ、放送、音楽、インターネット、ニューメディア及び新技術など幅広い核心分野を網羅する専門知識を基にした国際的な業務遂行能力を備えています。

 

エンターテインメント・スポーツ・レジャー専門グループは、専門家の多様な経歴とその専門性により多国籍取引に関連する専門法律サービス分野のリーダーとして認識されています。 

 

当グループは、映画製作及びテレビジョン放送局、エンターテインメントグループ、レコード会社、メディア製作会社及び配給会社、国際メディア/ケーブル通信網事業者、ラジオ及び音楽放送会社、ソフトウェア及びゲーム会社、アニメーション開発会社、エンターテインメント創業投資家及びその他エンターテインメント企業等を含むエンターテインメント産業全般における幅広い経験を基に顧客を代理しています。