Home 業務分野 分野別 知的財産権 営業秘密・企業情報

営業秘密・企業情報

最近、様々な分野で企業の戦略、技術開発及び営業活動に関する営業秘密情報をめぐる各種紛争が増加しています。

 

営業秘密に関する紛争は、多様なルートを通じた競争会社の営業秘密の取得、勤労者の転職過程で発生する営業秘密の流出及び/または転職(競業)禁止の問題、協力業者や顧客を通じた営業秘密の流出/取得の問題、ライセンス/共同開発/委受託生産/秘密保持など、契約関係で発生する営業秘密の流出の問題など、非常に多様な形で発生しています。営業秘密に関する紛争は、企業の核心無形資産に関する紛争であり、資産を守ろうとする側と侵害や契約違反を理由に法的紛争に巻き込まれる側、両方に相当重大な影響を及ぼす可能性があるため、紛争の状況またはそのような紛争が予想される状況での戦略的な対応はもちろん、事前に営業秘密の流出や関連紛争の防止、企業情報の保護のためのシステム構築と点検、営業秘密の保護教育または常時コンサルティングの必要性も多く求められています。

 

金・ 張法律事務所の営業秘密・企業情報保護グループは、法律、実務、技術、産業等に関する深い理解と経験を有する優秀な弁護士、技術分野別の弁理士だけでなく、業界を代表する専門人材らで構成される独自の技術セキュリティ/デジタルフォレンジック分析チームも保有しており、このような多様な構成員の有機的な協業と顧客との緊密な戦略議論を通じて差別化された高水準のサービスを提供しています。

 

弊所は、各分野のリソースと蓄積されたノウハウを基に、主要な多数の国内外の営業秘密に関する事件を遂行しており、多くの企業の情報セキュリティ、役職員の管理、営業秘密保護教育などに関するコンサルティングを提供してきました。


優秀な人材

 

営業秘密・企業情報保護グループは、営業秘密の保護に関する諸般の法律に関する正確な理解はもちろん、多数の営業秘密に関する紛争事件に関する実務経験と蓄積されたノウハウを基に、各企業の営業秘密と情報資産を保護し、それに関する民事・刑事的リスクを最小限に留められる総合的なサービスを提供しています。当グループは、法律的な観点だけでなく、関連業界の技術的な観点における事実関係の確認、デジタルフォレンジックの証拠分析、情報保護コンサルティング等の総合的なサービスを提供しており、長年関連分野のリーダーとして認められています。その結果、当グループは、数年間発生した大規模な営業秘密の侵害事件を受任し、関連対応業務及びそれに関する各種の訴訟代理を遂行してきました。

 

 

One-stop Service

 

営業秘密・企業情報保護グループは、営業秘密、産業技術及び企業の情報保護に関する深い理解、長年の業務経験、所属構成員の差別化された力量、多様な構成員の有機的な協業などを基に、差別化された法律サービスを提供しています。 当グループは、各事件に関して最も適合した法律知識、技術知識と経験を兼ね備えた人的資源を配置し、各分野(訟務、企業刑事・ホワイトカラー犯罪、デジタルフォレンジック、ITセキュリティなど)と有機的に協業することで、最高水準のOne-stop Serviceを提供しています。

 

 

効果的な戦略的解決策の提示

 

当グループは、営業秘密の保護または紛争に関する国内外の様々な企業の現実と業務環境の他、関連業界の多様な技術分野に関して深く理解しており、主な国内外の顧客の法律コンサルティング、訴訟遂行、刑事弁護または告訴代理などの多様な法律的な需要を効果的に満たしてきました。 特に、営業秘密に関する諸般法律に関する深い理解はもちろん、当該業界の関連技術に関する深い分析、デジタルフォレンジック/情報保護に関する技術に対する十分な知識を基に、紛争過程で発生する多様な問題に対して戦略的な解決策を提示しています。